岡山大学病院メラノーマセンター開設の経緯

岡山大学メラノーマセンター長
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚科学分野教授
岩月 啓氏

 

岡山大学病院ではメラノーマ(悪性黒色腫)に対して、病理診断、センチネル生検(分子マーカー解析含む)、手術、化学療法、免疫療法を実施し、実績を積み上げてきました。最近では、進行期メラノーマにおいても有効性が期待できる免疫チェックポイント(immune checkpoint)阻害薬の抗PD-1抗体や抗CTLA-4抗体が治療薬として使えるようになり、加えて、分子標的薬のBRAF阻害薬やMEK阻害薬が上市され、今後も新薬開発が続きます。また、津山中央病院に2016年春に導入された陽子線療法は、進行期メラノーマも治療適応になります。この数年でメラノーマ治療は劇的に進化してきました。これらの新薬や新治療を適正・安全に使うためには、がん遺伝子検査に加えて、自己免疫疾患のスクリーニングや免疫関連副反応のモニター等が必要とされます。

岡山大学病院では、メラノーマに対する腫瘍免疫に関する研究をリードしてきた実績をもとに、皮膚科、放射線科、免疫学教室、病理部で情報共有をしつつ、共同して基礎的データを集積してきました。今や、メラノーマ診療においては、皮膚科だけではなく、関係診療科との密接な連携がこれまで以上に大切になりました。このような背景から、2015年5月1日に全国初の「メラノーマセンター」を岡山大学病院に設置することができました。メラノーマセンターの開設目的は、1)中四国のメラノーマの診断・治療拠点として集学的診療を提供、2)臨床試験へのエントリーと医師主導臨床試験の促進、3)分子マーカー、基礎データの蓄積、4)生体試料収集と症例登録、5)陽子線療法へ対応です。一番の特色は、岡山大学病院だけのメラノーマセンターではなく、メラノーマ診療に取り組んでいる岡山医療センタ-や津山中央病院が関連施設として加わっている点です。

本センターは、メラノーマ診療の関係診療科の横断的連携に加えて、患者さんからいただいた貴重な生体試料を最大限活かして、そこから得られるデータを臨床にフィードバックし、新たな治療に結びつける目的があります。がん登録が法制化される中で、国際的に通用する正確なメラノーマ症例のデータ管理をする拠点としての役割も担っています。

メラノーマ患者さんに対し、最新かつ最適な治療を行うとともに、メラノーマという稀少な疾患を通じて、教育・研究の向上及び地域医療の充実と発展に貢献していきます。